世界の出来事

 【パリ共同】フランス大統領選決選投票で勝利した中道系マクロン前経済相は8日、新政権確立に向け本格的に始動した。まだ議会基盤のないマクロン氏にとり、6月の国民議会(下院、577議席)総選挙が5年の任期の命運を左右する重大な関門。政界再編は必至の情勢だ。自党による単独過半数の議席獲得は容易でないと予想される。基盤固めができなければ公約の欧州連合(EU)統合強化も楽観できない。新大統領は14日に就任する。

共同通信

 世界の出来事