ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

マダニから感染症ウイルス検出

 マダニが媒介するとされていたウイルス性感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」に感染した山口県の60代女性の体で見つかったマダニから、SFTSの原因ウイルスが検出されていたことが23日、厚生労働省などへの取材で分かった。厚労省によると、このウイルスを保有するマダニが確認されたのは国内で初めて。タカサゴキララマダニから検出された。国内でこれまで感染が確認された症例は15人で、うち8人が死亡。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。