外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 佐賀県は10日、県北部の60代の農業男性が、マダニが媒介するウイルス性感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」で昨年6月下旬に死亡していたと発表した。厚生労働省によると、同省が情報収集を始めた今年1月以降、国内での死亡確認は7人目。県によると、国立感染症研究所(東京)が今月8日、男性の検体からSFTSウイルスを確認した。男性にはダニにかまれた傷は確認されておらず、最近の海外渡航もない。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信