外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宮崎県は22日、マダニが媒介するウイルス性感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」に県内の80代女性が感染し、死亡したと発表した。感染の確認は国内で31例目、死亡は14人目。県によると、女性は今月上旬に発熱や頭痛などの症状を訴え入院し、5日後に死亡した。国立感染症研究所が22日、SFTSウイルスを確認した。右手と右足にダニにかまれた痕があった。女性は日常的に農作業を行っていたという。

共同通信