ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

マツダの中国販売45%減

 【北京共同】マツダは5日、中国での10月の新車販売台数が前年同月比45%減の9511台だったと発表した。9月の34・6%よりマイナス幅が拡大した。トヨタ自動車や日産自動車、ホンダも10月は40~50%台の大幅なマイナスに陥っており、日本政府による沖縄県・尖閣諸島国有化後の反日デモや日本製品ボイコットの影響の深刻さをあらためて浮き彫りにしている。マツダは「厳しい販売状況は少し続くと思われる」とコメント。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。