外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 マツダは7日、ロータリーエンジンを搭載したスポーツ車「RX―8」の生産を来年6月で終了すると発表した。後継車の発売予定はなく、同社が1967年から販売していたロータリーエンジン車が姿を消す。ロータリー搭載車は現在、世界でもマツダだけが販売している。小型で高出力なのが特徴だが、燃費性能が劣るのが欠点。消費者の低燃費志向の高まりなどで、販売継続は困難と判断した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信