外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 マツダが財務基盤の強化を図るため、最大で1千億円規模の増資に乗り出す方針を固めたことが21日、明らかになった。さらに三井住友銀行、日本政策投資銀行などから、返済の優先順位が低い「劣後ローン」と呼ばれる融資を700億円規模で受ける方向で調整している。マツダは自動車メーカーの中でも国内生産比率が高く、歴史的な円高で業績が悪化している。今後は新興国に新工場を建設して海外展開を加速する方針。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信