外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】内部告発サイト「ウィキリークス」に機密情報を漏らしたとして起訴された米陸軍上等兵のマニング被告(25)が14日、東部メリーランド州の軍事法廷で証言し「私の行為が米国を傷つけ申し訳なく思う」と謝罪した。米メディアが伝えた。上等兵はスパイ活動取締法違反など20の罪で既に有罪が決まり、来週にも量刑が言い渡される見通し。弁護側は、ストレスを抱えていたとして寛大な量刑を求めた。

共同通信