外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 中米に栄えたマヤ文明の代表的な都市遺跡、グアテマラ北部のティカルで、今年春から金沢大の中村誠一教授(54)のチームが3年間の本格的な発掘・保存調査を始める。本格調査は1956~69年の米ペンシルベニア大以来となる。ティカルはグアテマラ政府の予算や人材の不足から発掘や修復が遅れている。中村教授は「貴重な遺跡を後世にきちんと引き継ぎながら、文明の起源の解明にも迫りたい」と意気込んでいる。(ティカル共同)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信