外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさん(18)は25日、ニューヨークの国連本部で記者会見し、極度の貧困や飢餓の撲滅を掲げた「持続可能な開発目標(SDGs)」が国連サミットで採択されたことについて「社会に教育がなければ、私たちは目標を何一つ達成することができない」と訴え、各国首脳に教育への投資強化を求めた。

共同通信