外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 熱帯や亜熱帯地域で流行する感染症「熱帯熱マラリア」の発症予防に、高い効果があるワクチンを、大阪大微生物病研究所が開発し、米オンライン科学誌プロスワンに29日発表した。同研究所によると、アフリカでの臨床試験で、接種したグループでは発症リスクを約7割下げることができた。これまで報告されているマラリアワクチンの中で最も効果が高い。アフリカなどで年間の感染者は約2億人、年間の死亡者は約120万人と推計。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信