外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジョクジャカルタ(インドネシア)共同】インドネシア・ジャワ島中部のムラピ山で10月下旬から断続的に続く大規模な噴火の影響で、同山に近い古都ジョクジャカルタ周辺の大学に留学中のマレーシア人学生ら約400人が7日、マレーシア政府が派遣した軍輸送機で「脱出」し帰国した。地元メディアが伝えた。火山灰の影響でジョクジャカルタの空港は閉鎖されており、マレーシア政府は7日、同島中部ソロの空港に3機派遣。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信