外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ナイロビ共同】南アフリカの反アパルトヘイト(人種隔離)闘争を率いたネルソン・マンデラ元大統領(94)が9日、首都プレトリアの病院に入院したが、10日までに退院、自宅に戻った。主要メディアが報じた。ノーベル平和賞受賞者のマンデラ氏は昨年12月に3週間近く入院。南ア大統領府によると、今回の入院は体調管理のため予定された検査を行うことが目的で、医師は「心配はいらない」と述べていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信