外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米大リーグ、マーリンズのヘンダーソン・アルバレス投手(23)が29日、レギュラーシーズンの最終戦となるマイアミでのタイガース戦で無安打無得点試合を達成した。レッズのホーマー・ベイリー投手、ジャイアンツのティム・リンスカム投手に次いで今季3度目。投球内容は打者30人に99球を投げ、4三振、2四死球。0―0で九回を投げ終え、チームのサヨナラ勝ちで達成した。試合は1―0だった。

共同通信