世界の出来事

 北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、飛来の恐れがあるとして、全国瞬時警報システム(Jアラート)の発射情報が鳴るなどした場合、運行を見合わせると定めているのは、大都市を中心に走る主要鉄道事業者31の約9割に当たる27事業者(条件付きを含む)に上ることが9日、共同通信社の取材で分かった。うち9事業者は、飛来する地域が分からなくても発射情報だけで全線停止する。

共同通信

 世界の出来事