外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】北朝鮮による事実上の長距離弾道ミサイル発射予告を受け、日本、米国、韓国は4日、ワシントンで緊急の3カ国局長級会合を開き、発射が強行された場合は、4月の国連安全保障理事会議長声明に基づき、安保理が「断固とした行動」を取る必要性があると確認した。同時に発射を行わないよう求めた安保理決議の順守など、北朝鮮に最後まで自制を求めていくことで一致した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信