外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は11日、北朝鮮が弾道ミサイルの発射に踏み切る可能性があるとみて警戒監視を続けた。新型中距離ミサイル「ムスダン」や、実戦配備済みの中距離ミサイル「ノドン」などが同時発射される事態も想定し、ミサイル防衛による迎撃態勢に万全を期す。米韓両国と緊密に連携しながら24時間態勢で情報収集を継続する。日本領域に着弾する可能性があれば、日本海のイージス艦2隻がSM3によって大気圏外で撃ち落とす計画。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信