【ブリュッセル共同】北大西洋条約機構(NATO)軍としてエストニア南部を飛行中のスペイン空軍の戦闘機ユーロファイターが7日、空対空ミサイルを誤射した問題で、ストルテンベルグNATO事務総長は8日、ミサイル発射は「偶発的」だったとして、エストニアのラタス首相に遺憾の意を伝えた。NATO当局者が8日明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。