外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【平壌共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は14日、米領グアム周辺へのミサイル発射計画の実行を示唆するとともに「愚かな米国の行動をもう少し見守る」と主張した。朝鮮中央通信が伝えた。マティス米国防長官は、グアムにミサイルが着弾すると判断すれば迎撃ミサイルで破壊すると明言する一方、米国には対話の意思があるとも述べた。米朝は激しい駆け引きを続ける中、緊張緩和も模索した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信