外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 犯罪現場で採取された捜査員のDNA型を、容疑者のものと信じ込む不手際をなくそうと、栃木県警が刑事や鑑識担当者らのDNA型をリストアップしたデータベースを作り、間違い防止のために照会するシステムの運用を始めたことが3日、捜査関係者への取材で分かった。こうしたDNA捜査のミスを未然に防ぐ具体的な対策が明らかになるのは、栃木県警が初めて。各都道府県警がどう防止策を構築しているかは未公表。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信