ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ミス・ロシアが政権批判

 【モスクワ共同】ロシアの女性バンド「プッシー・ライオット(子猫の暴動)」メンバーが昨年2月、ロシア正教の総本山の教会でプーチン大統領を批判するパフォーマンスをし、約半年後に懲役2年の実刑を受け服役したことについて、今年の「ミス・ロシア」に選ばれた女子大生(18)が10日までにラジオのインタビューで「厳し過ぎる」と批判した。ロイター通信などが伝えた。この女子大生はエリミラ・アブドラザコワさん。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。