外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ヤンゴン共同】ミャンマーの大統領府高官は13日、与党、連邦団結発展党(USDP)のシュエ・マン下院議長が、同党の党首を解任されたことを明らかにした。次期大統領を狙っていたシュエ・マン氏は、前党首のテイン・セイン大統領と対立。11月の上下両院選を前に、「党内クーデター」(地元記者)により主導権争いに敗れた形だ。

共同通信