外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国務省のヌランド報道官は17日、ポズナー国務次官補(民主主義・人権・労働担当)がミャンマーの首都ネピドーで同日まで、ミャンマー政府と初の人権対話を行ったと発表した。報道官は「非常に前向きな結果が得られた」と強調し、今後も対話を重ねていく意向を示した。対話にはポズナー氏のほか、国家安全保障会議(NSC)や国防総省、米国際開発局(USAID)、国土安全保障省などの担当者らが出席。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信