外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【マニラ共同】フィリピン南部ミンダナオ島を拠点とする反政府武装勢力モロ・イスラム解放戦線(MILF)とフィリピン政府は7日の和平交渉で、イスラム勢力など地元の意向を反映した新たな自治政府の2016年発足を認める「枠組み合意」に達した。政府とMILF双方が明らかにした。国軍とイスラム武装勢力との紛争が40年以上続き、約17万人が死亡したとされるミンダナオの和平をめぐる大きな転機となる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信