外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バンコク共同】インドネシア火山地質災害対策局は26日、火山活動が活発化していたジャワ島中部のムラピ山(2968メートル)が爆発的噴火をしたと発表した。噴煙は火口から上空約1500メートルの高さまで上がっており、前回2006年の噴火時より大きい噴火と警告している。地元メディアは降灰による呼吸障害で乳児1人が死亡、数十人が負傷したと報じた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信