外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジャカルタ共同】26日に爆発的噴火を起こし30人以上の犠牲者を出したインドネシア・ジャワ島中部のムラピ山が30日未明、再び大規模な噴火を起こした。同国の災害担当当局が明らかにした。死傷者の情報は伝えられていない。政府当局などによると、火口から溶岩が流れ出し、高温の火山灰が半径7キロ前後まで届いたという。現地からの報道では、26日の噴火よりも規模が大きいと話す住民もいる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信