外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロサンゼルス共同】メキシコからの報道によると、同国軍は3日までに、麻薬密売組織の下で「殺し屋」として働いていたとして、中南部クエルナバカ近郊の空港で米国籍の少年(14)を逮捕した。少年は3日、記者団に、11歳のころに拉致されて同組織で働き、約2カ月前に4人を殺害して首を切断したと認め「麻薬でぼうっとした状態でやった。もしやらなければ殺すと脅された」と述べた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信