ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

メキシコ地震救助、時間との闘い

 【メキシコ市共同】メキシコ中部で起きたマグニチュード(M)7・1の地震発生から21日で3日目を迎えた。倒壊した建物などの下敷きになった人々の生存率が急速に低下するとされる「発生後72時間」が迫り、救助活動は時間との闘いとなっている。ロイター通信によると、死者は273人に達した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。