外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【メキシコ市共同】メキシコ大統領選が1日投開票され、トランプ米大統領への強硬姿勢を取る野党新興左派、国家再生運動(MORENA)のロペスオブラドール元メキシコ市長(64)が当選を確実にした。選挙管理当局の集計や地元メディアが報じた出口調査によると、同氏が他候補を大きくリード。ロペスオブラドール氏は1日、「今日はメキシコにとって歴史的な日だ」と述べ、勝利宣言した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信