外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】オバマ米大統領一家は14日、メキシコ湾の原油流出事故で観光業などが大きな打撃を受けたフロリダ州のパナマシティーを訪問、週末を過ごした。4月20日の事故発生以降、大統領がメキシコ湾岸地域を訪れたのは5回目。現地入りして演説したオバマ氏は「油の除去作業の結果、海岸はきれいで安全になった」と述べた後、次女のサーシャさんと海水浴を楽しむなど復旧ぶりをアピール。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信