外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロサンゼルス共同】メキシコの裁判所は9日、1985年に米麻薬取締局(DEA)の捜査員を拉致、殺害したとして禁錮40年の有罪判決を受け、28年間服役していた麻薬密輸組織の元リーダー、ラファエル・カロ受刑者(60)を釈放した。AP通信などが伝えた。メキシコには多数の麻薬組織がはびこるが、同受刑者はこれらの麻薬ビジネスの基礎を築いたとされる大物。DEAは釈放に「深く困惑している」との声明を発表した。

共同通信