外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 熊本大学発生医学研究所の中尾光善教授らは、特定のタンパク質が細胞のエネルギー消費を抑制する仕組みを解明し、28日付の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に発表した。メタボリック症候群などの治療薬の開発に役立つ発見という。同研究所によると、肥満状態の細胞では、タンパク質「LSD1」がエネルギー消費に関わる遺伝子の機能を抑えていることを突き止めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信