外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】イスラム教最大の聖地、サウジアラビア西部メッカへの大巡礼(ハッジ)が3日、最高潮を迎えた。西アフリカで流行するエボラ出血熱や、過激派「イスラム国」に対する厳戒態勢が敷かれる中、預言者ムハンマドが最後の説教をしたとされるメッカ郊外のアラファト原野などに集まった多くの信者が祈りをささげた。

共同通信