外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】イスラム教最大の聖地、サウジアラビア西部メッカ近郊で24日、大巡礼(ハッジ)に訪れた多数の巡礼者が折り重なって倒れる事故があり、救命救急当局によると717人が死亡、800人以上が負傷した。大巡礼では過去にも同様の事故が多発しているが、AP通信によると、1990年に1400人以上の巡礼者が死亡した事故以来の大規模被害となった。

共同通信