外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は23日、メントールを含むたばこは通常のたばこに比べ、より中毒性が高い可能性があるとする評価結果をまとめた。販売禁止も含めた規制の在り方を検討するため、一般の意見募集を始めた。FDAの専門家チームは、メントールたばこと通常のたばこに関するさまざまな研究結果を分析。ニコチンに対する中毒症状を示す度合いが高く、禁煙も成功しにくい傾向があるとした。

共同通信