外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大相撲の野球賭博事件でNHK記者が警視庁の家宅捜索情報を携帯メールで知らせていた問題で、相手は時津風親方だったことが9日、関係者への取材で判明。親方は共同通信の取材に「こちらから情報を要求したことはなく、一方的にメールが送られてきただけ。メールが来て、どうこうしたこともない」と話した。警視庁の任意事情聴取に「メールを見て何かしたことはない」という趣旨の説明しているという。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信