外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジュネーブ共同】イタリアの研究チームは9日、中部フィレンツェで、レオナルド・ダビンチの名画「モナリザ」のモデルとされるリザ・デル・ジョコンドの息子とみられる遺骨の発掘調査を開始した。ANSA通信などが伝えた。これまでにリザの可能性がある遺骨が数体見つかっており、今回息子の遺骨が見つかれば、DNA鑑定でリザ自身の遺骨を特定し、復顔作業も行って本物のモデルかどうかを判断する予定だ。

共同通信