外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 昨年10月にオランダのクンストハル美術館からモネやピカソの名画が盗まれた事件で、首謀者のルーマニア人の男の母親が、証拠隠滅のために絵画を焼却した可能性があることが分かった。AP通信が17日までに報じた。母親は当局の調べに対し、1月に息子ら3人が逮捕された後、怖くなって絵画を地中に埋めたと供述。警察が絵画の捜索を始めた2月になって、掘り出して焼却したという。

共同通信