外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プロ野球ヤクルトで3度の日本一に貢献し、日本代表の主将も務めた宮本慎也内野手(42)がプロ19年目の今季限りで現役を引退することが25日、球界関係者への取材で分かった。26日にも記者会見を行う。宮本は大阪・PL学園高から同志社大、社会人のプリンスホテルを経て1995年にドラフト2位でヤクルトに入団。95、97、2001年に日本一に輝き、昨年5月には通算2千安打を達成。プロ野球選手会の選手会長も務めた。

共同通信