外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プロ野球ヤクルトの青木宣親外野手(29)は10日、東京都内で記者会見し、ポスティングシステム(入札制度)を利用して米大リーグ移籍を目指すことを表明した。同外野手の申し入れを受けた球団が容認した。青木は中日とのクライマックスシリーズ(CS)で敗退した翌日の7日、衣笠剛球団社長に米移籍の希望を申し入れ、球団は協議を続けていた。早大から2004年にヤクルトに入団し、8年間で通算打率3割2分9厘を記録。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信