外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宅配便最大手のヤマト運輸は13日、2位の佐川急便、3位の日本郵便と、首都圏の高層ビルなどで荷物を1社に集約して配る連携策を強化する方針を明らかにした。1社が他社の荷物を預かり一括して届けることで効率化が期待でき、人手不足問題の緩和にもつながる。高層マンションや一戸建て住宅などにも広げる方向だ。

共同通信