外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宅配便最大手のヤマト運輸が、サービス残業が常態化しているドライバーの勤務管理手法を見直すことが14日、分かった。出退勤時刻を示すタイムカードによる簡素な仕組みにする方向だ。現在はタイムカードと併用する業務用端末の使用時間を反映して勤務時間を短く認定しているが、手法を一本化してサービス残業の解消につなげる。

共同通信