世界の出来事

 宅配便最大手のヤマト運輸が、インターネット通販最大手アマゾンから受託する即日配送からの撤退を視野に検討していることが7日、分かった。夜間に配達する荷物が増える原因となっており、ドライバーの負担を減らす必要があると判断。即日配送の受託を徐々に減らし、将来なくす方向とみられる。通販各社のサービス見直しにつながる可能性がありそうだ。

共同通信

 世界の出来事