外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 環境省は8日、千羽前後で推移していた絶滅危惧種ヤンバルクイナの推定個体数が、11年度に1640羽、12年度に1500羽と2年連続で多かったと明らかにした。調査を始めた07年度以降、初めて「生息数が回復している」と評価している。環境省が同日、沖縄県豊見城市で開いた関係機関との会議で報告した。天敵の外来種マングースの駆除を進めたのが大きな要因とみている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信