外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン共同】スウェーデンの芸術家がポーランドから持ち帰ったホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)犠牲者の遺灰を使ったとする絵画を発表し、ポーランド当局が捜査に乗り出した。AP通信が9日までに報じた。ユダヤ人団体から非難の声が上がっており、スウェーデン側にも捜査協力を要請するという。芸術家はカール・ミカエル・フォン・ハウスウォルフ氏で、1989年に遺体焼却炉から遺灰を持ち帰ったと主張。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信