外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブリュッセル共同】EUは8日夕から9日早朝にかけて首脳会議を開き、ユーロ圏としてIMFに2千億ユーロ(約20兆7千億円)を拠出し、債務危機対応に充てることを柱とした危機対策を決めた。詳細を早急に詰める。だが、焦点だったユーロ圏全体で信用を補完する「ユーロ共通債」導入問題を先送りするなど対策として力不足の面は否めず、世界的な市場の混乱が収束するめどは立たない。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信