外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【アンマン共同】中東の過激派「イスラム国」を名乗る組織がフリージャーナリスト後藤健二さん(47)を拘束、解放条件としてイラク人の女サジダ・リシャウィ死刑囚の釈放を求めた事件で、ヨルダンのモマニ・メディア担当相は29日夕、記者団に対し、イスラム国が拘束しているヨルダン軍パイロット、カサスベ中尉の生存を確認できる証拠が提示されるまで死刑囚釈放には応じられないとの考えを示した。死刑囚はまだヨルダン国内にいるという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信