外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ラグビーの日本選手権最終日は24日、東京・国立競技場で決勝を行い、サントリーが神戸製鋼を36―20で下し、3季連続6度目の優勝を果たすとともに2季連続でトップリーグとの2冠を果たした。サントリーは前半1分にWTB村田のトライで先制し、15―3で折り返した。後半にもCTB平のトライなど、3トライを加えて突き放した。9季ぶり決勝進出の神戸製鋼は終盤に追い上げたものの、12季ぶりの日本一を逃した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信