外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の開催地選定で、大会組織委員会がまとめた複数案の中に、東日本大震災で被災した岩手県釜石市が含まれた12会場での開催案があることが19日、関係者の話で分かった。札幌市や愛知県豊田市は複数の案に含まれており、花園ラグビー場がある大阪府東大阪市も有力という。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信