外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】ロイター通信などによると、古代エジプトの「最後の偉大なファラオ(王)」と呼ばれるラムセス3世が、息子の王位継承を狙った妻による陰謀で暗殺された可能性があることが、イタリアの研究チームの調査で18日までに明らかになった。死因をめぐっては歴史家の間で論争が続いていた。ラムセス3世のミイラをコンピューター断層撮影装置(CT)で調査した結果、のどを覆う布の下に深くて幅の広い傷痕が確認された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信